Pocket

みなさんが独立開業や副業での事業を考える際、情報収集をする方が多いと思います。
では、その情報収集はどのような方法で行いますか?

情報収集の手段として上がるのは、友人・知人、セミナー、本、現場(社員等で働きながら学ぶ)、インターネットなどでしょう。
その中で最も多くの方が使う手段としてインターネットがあります。
情報量が膨大で、「うまく利用できれば」情報源としてこれほど頼りになるものは無いです。

独立や副業と言っても、独自事業やフランチャイズ、代理店など様々な形態があります。

たとえばフランチャイズで事業を始める場合、様々なサイトで紹介されていますね。
フランチャイズ本部のホームページはもちろん、FCナビ・アントレのような比較・紹介サイト、個人のブログなどがあります。

ほとんどの方が比較・紹介サイトでビジネスモデルを探し、良さそうな業態の資料請求・説明会参加などを行います。
そして検討段階で、それぞれのフランチャイズの評判を気にして、個別で検索します。

すると、、、

「悪い事ばかり書かれている!」なんて経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

そして検討をやめてしまいます。

しかし良く考えてみてください。
あなたが経営者で、しかも儲かっていたら、そのことをネットで自慢しますか?
「私、何々で儲かってます!」というように。
もしそのような記事があればまず間違いなく広告です。

逆に失敗していたら、愚痴を書きたくなりませんか?
ネットは匿名なのでとても書きやすいのです。

事業を行えば、当然成功者と失敗者が存在します。
そして成功者はその成功をWEBで自慢することはしませんが、失敗者は愚痴として話を盛りながら配信しているのが現状です。
だからこそ悪い話ばかりが目立つのは仕方のない事です。
※しかし残念ながら、ネットの情報通りで悪質なビジネスモデル(フランチャイズ本部)が存在するのも事実です。

つまり、良い話でも悪い話でもネット情報を鵜呑みにするのは危険です。

ではどうしたらよいのか。

まず気になる事業があれば検索してみてください。
この時、良い話があっても無視して構いません。
大事なのは、悪い話の数と内容です。

たとえば1000の加盟者がいる本部Aと100の加盟者がいる本部Bで、悪い話の数がA>Bなのは当たり前ですよね。
それがA<Bの場合は、Aが優良か、Bが悪質かのどちらかです。
2社だけの比較では両方とも解り辛いかもしれませんので、数社で比較するとよりわかりやすくなります。

次に内容として、ただの悪口や自分の経営者としての力不足、開業前の確認不足など、どんな事業をしても同じ結果になるような内容がほとんどです。

たとえばフランチャイズの場合に良くあるのが、「高い機材を買わされた」や「本部のフォローが無い」などの口コミです。
これは加盟者の価値観に大きく左右され、100万円の機材でも安いと感じる方もいれば、10万円でも高いと感じる方もいます。
さらに言えば、儲かれば安いと感じますし、損すれば高いと感じます。
フォローも同様で、本部が手取り足取りサポートしてくれると思っている方にはフォローが少ないと感じるかもしれません。

いずれにしても、加盟前に資料や説明会でしっかり確認すれば、すべて解決できる内容です。
つまり事前確認を怠って事業を始め、思っていたことと違う(本部に理想を押し付けるのではなく事実を確認してください)という方が多いのです。

最も気を付けたいのは、開業前の情報と開業後の情報が異なっている場合です。
資料や説明会で事業について確認することができますが、その事前情報と開業後の実情があまりに違っている本部もあり、これは要注意です。

こちらはネットの情報では確認しづらい部分なので、実際の先輩事業者に話を聞きに行くのがベストです。
同業者になるかもしれませんので、迷惑が掛からないように話を聞いてみてください。

また、とりあえず加盟させ、優秀な加盟者が残れば良いという考え方の本部も多いです。
特に店舗を持たないタイプのビジネスモデルを持つ本部に多い傾向があります。

本気で事業を考えているのであれば、ネット情報は過信せず、既存の事業者に現状を確認するのがよいでしょう。

FCナビの無料相談等でご相談いただければ回答いたしますので、お気軽にご利用ください。